山田勝彦議員のwiki経歴プロフ|2世議員で起業家の超エリートだった!

人物
スポンサーリンク

政治家として活動している山田勝彦さん。

調べてみると、山田勝彦さんの父親は政治家で2世議員であることがわかりました。

また、障がい者支援施設も創設しており起業家としても活躍している山田さん。

そこで今回は山田勝彦さんの経歴について調査しました。

スポンサーリンク

山田勝彦議員のプロフィール

山田勝彦(やまだ かつひこ)

生年月日:1979年7月19日

出身地:長崎県大村市

最終学歴:法政大学社会学部卒業

職業:政治家、衆議院議員(立憲民主党所属)

 

なお、山田勝彦さんは高学歴でエリート育ちでも有名なのですが

山田勝彦さんの学歴についてはこちらの記事でまとめていますのでご覧ください。↓

 

また、山田勝彦さんの妻や子供についてはこちらでまとめていますのでご覧ください。↓

スポンサーリンク

山田勝彦議員の経歴まとめ

山田勝彦さんの経歴についてまとめました。

2003年 株式会社プレナス入社

2009年 父・山田正彦議員の事務所に入所

2010年 農林水産省へ大臣秘書官として入省

2010年9月 退省

2013年10月 株式会社やまびこ学苑創立

2014年4月 子ども発達支援やまびこ学苑 創業

2016年4月 長崎ウエスレヤン大学 非常勤講師

2018年8月 立憲民主党長崎県連合代表就任
      長崎県第3区総支部長 就任

2021年10月  第49回衆議院議員選挙 初当選

 

会社員時代

山田勝彦さんは大学卒業後は株式会社プレナスに入社しています。

株式会社プレナス
飲食チェーン運営や食材・包装等資材の販売、衣料品の販売を行う企業。
ほっともっとややよい軒などのフランチャイズ運営をしている。

会社員時代のエピソードは公表されておらず

山田さんがどの部署に所属されていたのかは不明ですが

2003年から2009年までの約7年間勤務されていたようですよ。

 

父の秘書官を務めていた!

山田勝彦さんの父親は元衆議院議員の山田正彦さんです。

出典:X

山田 正彦(やまだ まさひこ)
弁護士、元政治家。
衆議院議員(5期)、農林水産大臣、農林水産副大臣、衆議院農林水産委員長などを歴任。

 

山田勝彦さんは、父である正彦さんが2009年に行われた衆議院議員総選挙で

5期目の当選を果たした後に、父親の事務所に入所されています。

そして2010年に山田正彦さんが農林水産大臣に就任したことを機に

農林水産大臣政務秘書官も務めていました。

 

なお、山田勝彦さんの父親や母親についてはこちらでまとめていますのでご覧ください。↓

株式会社やまびこ学苑創立

山田勝彦さんは、2013年に療育型のデイサービス施設である

株式会社やまびこ学苑を創設されています。

そして、やまびこ学苑の公式ホームページを見てみると

苑長:山田正彦
施設長:山田勝彦

となっており、父である山田正彦さんと創業された施設であることがわかりました。

療育型デイサービス施設を創設した経緯としては、

父・山田正彦さんが弁護士や政治家として活動する中で

障がいを持った方やその家族の手助けをしたいと思ったことがきっかけで創設されたそうですよ。

さらにその後、

2014年4月 子ども発達支援 やまびこ学苑佐世保校 開校

2014年8月 子ども発達支援 やまびこ学苑松浦校 開校

2014年11月 子ども発達支援 やまびこ学苑第二佐世保校 開校(2022年3月閉校)

2015年9月 子ども発達支援 やまびこ学苑潮見校 開校

2016年4月 子ども発達支援 やまびこ学苑平戸校 開校

2016年7月 子ども発達支援 やまびこ学苑第二潮見校 開校

2017年1月 子ども発達支援 やまびこ学苑新町校 開校

2017年4月 子ども発達支援 やまびこ学苑佐々校 開校

2017年6月 子ども発達支援 やまびこ学苑大塔校 開校

2018年1月 子ども発達支援 やまびこ学苑五島校 開校

2018年2月 就労支援 やまびこ農苑えぼし 開所

2019年8月 子ども発達支援 やまびこ学苑第二五島校 開校

2019年11月 子ども発達支援 やまびこ学苑上五島校 開校

2020年8月 生活支援 やまびこホーム瀬戸越 開所

2022年10月 相談支援事業所やまびこ 開所

 

長崎県を拠点として、障がい者支援に取り組まれているのがわかりますね。

 

山田勝彦さんが2010年に農林水産省の秘書官を退省された理由は公表されていませんでしたが

おそらくやまびこ学苑を創設するために秘書官を辞職されたのでしょうね。

 

2021年に衆議院議員選挙初当選

長崎新聞より引用

山田勝彦さんは、2018年に立憲民主党長崎県連合代表や

長崎県第3区総支部長に就任後、

2021年10月に行われた衆議院議員選挙に立候補して

比例復活で初当選を果たしています。

 

また、2022年2月には国会議員の評価を行う「NPO法人 万年野党」から

三ツ星議員として表彰もされていた山田勝彦さん。

三ツ星議員は

すべての議員の発言・質問回数
「議員立法発議者」に名前を連ねた回数
「質問主意書」の提出件数

を集計されて

その中でも、高スコアの議員が選定・表彰されるのだそうですよ。

山田さんは初当選後の第1期目ですでに表彰されており

国会議員としての評価も高いことがわかりますね。

山田勝彦さんのブログより引用
スポンサーリンク

山田勝彦が政治家になったきっかけは?

山田勝彦さんが政治家になったきっかけを調べてみると

長崎の雇用問題
障がい児の自立支援

がきっかけとなって政治家を目指すようになったそうです。

 

山田勝彦さんが父である山田正彦さんの秘書をしていた頃に

五島の農家の方から

自分の息子に島からでて務め人になれと話した。

この島では家族を養えない。

という話を聞いて、山田さんは衝撃を受けたそうです。

そして先祖代々守ってきた農業や漁業を継いでいけるように

農政を変えていきたいと感じたそうです。

また、障がい児支援にも力を入れて企業も創設していた山田さんは

発達障がいや健康被害に苦しむ子どもの未来を守りたいと思い

政治家を目指したそうです。

 

父・山田正彦さんが政治界入りを果たしたのは1993年で

山田勝彦さんが14歳の時でした。

学生時代には父親の政治活動を手伝うこともあったため、

政治家である父親の影響も大きそうですよね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は山田勝彦さんの経歴についてまとめました。

山田勝彦さんは大学卒業後、会社員を経て父の政治家秘書として務めていましたね。

また障がい者支援にも力を入れていることがわかりましたね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物政治家未分類
シェアする
ちょいネタ

コメント

タイトルとURLをコピーしました